超音波専門医によるエコー検査 内視鏡専門医による胃・大腸カメラ

①体への負担はほとんどありません。 日本超音波学会専門医が体の中に潜んだ疾患や無症状の癌を発見いたします。
専門医はそれぞれ循環器・呼吸器・産婦人科などの専門領域に分かれており、当院は消化器領域の専門医です。

~超音波指導医一覧 - 日本超音波医学会~

超音波検査(腹部エコー検査)は体への負担がほとんどなく、気楽に受けられる検査です。検査に使用される超音波は人体に影響のない強さで、痛みはありません。X線検査のように被ばくの心配はなく、妊婦検診でも行われるほど安全性の高い検査です。 当院では実績を積んだ専門医が検査します。自覚症状のない小さながんなどを発見することも可能です。

②やさしい内視鏡検査とわかりやすい説明
最近の内視鏡(胃カメラ・大腸カメラ)検査は、鎮静剤や経鼻内視鏡(鼻から入れる細い内視鏡)を使って苦しくなく楽に受けられるのは当たり前になってきました。 当院では検査を楽に受けて頂くことは大前提として、患者さん一人一人の体格、咽の反射の強さ、過去の検査時の苦痛状況などに合わせ、適切な鎮静剤や内視鏡の種類を選択し、楽でかつ体への負担も最小限にとどめる安全な検査を行っております。

③最新機器による質の高い検査
消化管(食道・胃・十二指腸・大腸)がんは早期発見がすべてです。 当院の考える質の高い検査とは、「見落としをなくし、小さな病変も見つけること」です。 がんや病気は早期の段階でみつければ、命を落とすことはほとんどないため、初期の小さな段階で見つけることが重要です。 また一見すると正常に見える粘膜でも、細かく丁寧に観察することで症状の原因となる炎症などが発見されることもよくあります。

「いかに苦痛が少なく、精度の高い検査をするか」

当院では *2機種 の最新の内視鏡システムを導入し拡大内視鏡などの最新機器や色素散布などを用い、早期発見・治療につながるよう、ひとりひとり丁寧な「質の高い」検査を心がけています。

また、患者さんに安心して検査をお受け頂けるように感染予防ガイドラインに準じて内視鏡の洗浄を行い、感染の危険性を減らすためディスポーザルの処置具を中心に使用しております。


*当院では癌を早期に発見するために、拡大観察の可能なオリンパス社の最新型NBI機能搭載内視鏡(LUCERA ELITE)と富士フイルム社の最新型BLI・LCI機能搭載内視鏡(LESEREO:7000システム)の2機種を使用しています。
このような2機種の内視鏡システムを導入しているのは大学病院など県内では数施設の基幹病院と当院になります。

当院では両社の性能を熟知した内視鏡専門医が患者さんに最適な検査を提供いたします。

      




      

神埼クリニックエコー指導医




      

内視鏡検査について

    





    

    

内視鏡システム